FRAIS D'EXPÉDITION OFFERTS à partir de 100 euros de commande avec le code 4M8104NVS9AX

続・日本傑作機物語 ( No. 118 )

Product image 1続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 2続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 3続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 4続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 5続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 6続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 7続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 8続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 9続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
Product image 10続・日本傑作機物語 ( No. 118 )
255ページ - 1960年 - 中古、状態良好
写真、プロフィール、ポスターなどのイラストが素晴らしいこの美しい本は、日本の航空界の名作の物語の続きです。

Characteristics

Book cover finish Perfect paperback, Bradel
Special feature Special edition
Condition Used, good condition
Number of pages 255
Published date 1960
Language Japanese
Collection / Series 航空情報 / AIREVIEW
Size 15 x 21 x 1 cm
Author Hidemasa Kimura - Tatsuhiko Kori
Editor 酬 燈 社

Description

「続・日本傑作機物語」を贈ることば 

 

待望の「続・ 日本傑作機物語J が出ることになった。これは,生れるのが少しおそいくらいだと思う読者も多いだろう 。「日本傑作機物語」の終りのところでの座談会では,すく、にも刊行されそうだったのが, 1年あまりも間をおいたのだから。

 

 こんどの機種を選ぶのにも,前とはちがった苦労があった。この前に は,「続」にまわすことにしようという安易な気持で,多くの傑作機を意 識して残すことができた。しかし,今回はあとにまわすというわけにはい かぬから,これだけはぜひともというので選んだ機種が,設計者の方のご 都合などで,脱落してしまったものが1~2あったのは残念だった。

 

( ... ) 第2次大戦に活躍した機体では,民間機としては明川氏のAT旅客機, 小沢氏のMC - 20 旅客機があるだけだが,あとは陸海軍機の傑作機がずら りとそろったのである。( ... ) 本書は航空50 年を迎える航空フアンへの,よき贈りものといえよう。

 

郡竜彦 

À PROPOS DE CET AUTEUR
Hidemasa Kimura - Tatsuhiko Kori

木村秀政( 1904年4月13日 - 1986年10月10日 )は北海道( 日本 )生まれ。誕生後すぐに家族とともに東京市へ転居。1913年( 大正2年 )3月28日、フランス製のブレリオ XI - 2 bisの飛行を目にしたが、この機が墜落し飛行士2名が死亡した事を知り大きな衝撃を受ける( 日本初の航空機死亡事故であった )。


府立第四中学校、第一高等学校を経て、1924年( 大正13年 )4月、東京帝国大学工学部航空学科へ進学。この時、航空学科へ入学した10名の中には三菱重工業で九試単座戦闘機( 九六艦戦 )や十二試艦上戦闘機( 零戦 )の設計主務者となる堀越二郎、川崎航空機でキ10( 九五戦 )やキ48( 九九双軽 )、キ61( 飛燕 )の設計主務者となる土井武夫がいた。1927年( 昭和2年 )3月31日、東京帝国大学を卒業。東京帝国大学大学院に進み、1929年( 昭和4年 )3月に大学院課程を修了する。


同年7月に航空評議会嘱託。1930年( 昭和5年 )6月より東京帝国大学に置かれた航空研究所に研究生として加わり、1934年( 昭和9年 )10月から航空研究所嘱託となる。航研機では胴体・尾翼・脚の設計、性能試験および飛行計画を担当。1937年( 昭和12年 )5月17日、航空研究所技師に任ぜられる。1938年( 昭和13年 )5月15日に航研機は周回長距離飛行10,651.011kmを達成し世界記録を樹立した。


1957年( 昭和32年 )、中型機の開発を目的とした輸送機設計研究所( 井宇研究所 )が設立され、木村は初代技術委員長に就任しました。同年、日本航空宇宙学会会長に再選( 1958年 )。


その後の活躍はこのように続いた。


- 1958年 : N58( 4人乗り軽飛行機 )を開発・建造。

- 1962年 : 伊藤忠航空機整備株式会社とN62( 4人乗り軽飛行機 )を開発。 韓国に2      回渡航。YS - 11( 初の国産旅客機 )の基本構想に間接的に参加。

- 1966年 :( 昭和41年 )羽田沖の全日空機墜落事故を調査した技術事故調査班長。

- 1969年 - 1974年 : 日本大学管理者。日本大学評議員( 1970年 - 1974年 )。理工学部長( 1972年 )。大学院理工学研究科長( 1973年 )、日本大学副学長( 1972年 - 73年 )。

- 1973年 : 航空政策研究会会長。同年、航空宇宙局を創設。

- 1980年 : 日本航空協会副会長、革新的航空技術開発センター長。

- 1984年 : 日本航空科学振興財団理事長。


多作の作家であり、共著者でもある木村英正さんは、以下の本を出版されています。飛行機の歴史 ( 1930年 )、模型航空の基礎 ( 1941年 )、世界の航空技術 ( 1957年 )、飛行機の雑学 ( 1969年 )、世界の軽飛行機 ( 1976年 )、新選組とコンコード ( 1980年 )。


( 出所 :ウィキペディア )

Fermer (esc)

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Recherche

Panier

Votre panier est vide.
Boutique